醤油の種類

醤油を使う

普段何気なく使っている醤油。醤油には、いくつかの種類があります。
そんな“醤油の種類”について、簡単にご紹介したいと思います。


濃口醤油(こいくちしょうゆ)

日本で最も生産量が多いのは濃口醤油。家庭の食卓にある醤油は、ほとんどがこの濃口醤油です。

淡口醤油(うすくちしょうゆ)

濃口醤油よりも少し淡い色をした醤油。主に関西で使われます。薄い色をしていますが、実は濃口醤油よりも塩分が少し高めです。素材を生かした料理に使われます。

溜まり醤油(たまりしょうゆ)

濃口醤油よりも色が濃く、とろみがあるのが特徴の醤油です。溜まり醤油の場合、小麦は使わずに大豆だけで作ります(少量の小麦を使う場合もあります)。煮物、焼き物などの調理に使ったり、刺身などに使ったりします。

再仕込み醤油(さいしこみしょうゆ)

その名の通り、仕込み作業を二度行う醤油。他の醤油は、大豆・小麦で作った「麹」を食塩水で仕込みますが、再仕込み醤油の場合は、食塩水ではなく醤油(生揚げ醤油)で仕込みます。生揚げ醤油を作る段階で一度仕込んでいるので、“再仕込み”になるわけです。

白醤油(しろしょうゆ)

淡口醤油よりも色が薄い醤油。溜まり醤油とは逆で、小麦を主な材料とし、少量の大豆を使って作ります。その色の淡さから、素材の色を活かした料理に使われます。


地域によって、または用途によって、使う醤油の種類は変わってきます。
色々な醤油の特徴を知っておくと便利かもしれませんね。

味ワンマーケットで販売している「下総醤油」は濃口醤油です。

一口に濃口醤油と言っても、様々な品質のものがあります。
「下総醤油」は原料100%国産伝承木桶仕込み。風味が良く旨味も濃い高品質な醤油。

色々な種類の醤油を比べてみるのもよし、同じ種類の醤油で品質比べをしてみるのもよし。

まずは是非、下総醤油と一般的な醤油とで味比べをしてみてください!

味ワンマーケット 木桶仕込みの本格醤油 下総醤油
下総醤油

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る