醤油が持つ6つの効果

醤油

科学的に証明されている醤油の効果

醤油には、科学的に証明されている6つの効果があります。
今回は、その6つの効果をご紹介したいと思います。


消臭効果

醤油には、肉や魚などの生臭みを消すという働きがあります。日本料理の下ごしらえの一つである「醤油洗い」は、この消臭効果によって食材の臭みを消すという意味があったんですね。

加熱効果

醤油を加熱すると、糖分とアミノ酸が反応して芳香物質を作り出します。照り焼きなどのあの照りも、加熱したことによる醤油の働きの一つです。

静菌(殺菌)効果

醤油に含まれる塩分や有機酸などの働きにより、大腸菌などの増殖を止めたり、死滅させる効果があります。醤油漬けにすると日持ちが良くなるというのは、この効果によるものです。

対比効果

甘い料理に少量の醤油を加えると、甘さがより一層引き立ちますよね。そのように、醤油には主体の味を引き立たせるという効果もあります。

抑制効果

塩辛いものに醤油をたらすと、塩辛さが抑えられることがあります。醤油の中に含まれる有機酸には塩味を和らげる力があるためです。

相乗効果

めんつゆなどは醤油と出汁を混ぜて作ります。醤油の中のグルタミン酸が、鰹節の中のイノシン酸と働きあうことで深い旨味が生まれるのです。


醤油が持つ6つの効果。
科学的に証明される前から、日本ではこの効果を使って様々な料理が作られてきたんですね。

味ワンマーケットでは、「木桶仕込みの本格醤油」をご紹介しています。
香り高く旨味の濃い醤油で、6つの働きをより発揮させてみては?

味ワンマーケット 木桶仕込みの本格醤油
下総醤油

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る