刺身と醤油

刺身醤油

刺身といったら、やっぱり醤油!

刺身を食べる時に欠かせないものは、やっぱり醤油ですよね!醤油が美味しければ刺身も美味しくなると言うくらい、刺身と醤油は切り離せないものです。

今回は、“刺身に合う醤油とは?”ということについて考えてみたいと思います。


刺身専用の醤油

「さしみ醤油」という醤油があります。これは、“溜まり醤油”や“再仕込み醤油”のことを指していたり、醤油に他の調味料などを加えて刺身用に作ってあるもののことを指していたりします。
醤油の種類

しかし、刺身用と謳われていない醤油が刺身用の醤油に劣るかと言うと、そういうわけではありません。刺身だと醤油の味が分かりやすいですから、色々な醤油で試してみるのが良いと思います。


最も一般的な醤油「濃口醤油」

日本人が最も慣れ親しんでいる醤油と言えば、「濃口醤油」ですね。地域差はあるかと思いますが、全国的に一番多く使われているのが濃口醤油です。

濃口醤油ならば、刺身以外のものに使ってもよく合います。料理にも使いますし、卵かけごはんにかけるという使い方もありますね。

醤油は、よく使うとはいえ“調味料”ですから、すぐにたくさん消費することはないかと思います。様々な種類の醤油を取り揃えて使い分けるというのも良いかもしれませんが、「醤油の味にこわだってみようかな」と思ったら、まずは使い勝手の良い『美味しい濃口醤油』を見つけることから始めることをおすすめします。


刺身にピッタリの醤油『下総醤油』

味ワンマーケットでご紹介している濃口醤油「下総醤油」。刺身にはもってこいの醤油です。というのは、この下総醤油は味がとても優しいからです。他の濃口醤油と比べると、その違いは歴然!

一般的な醤油と下総醤油を刺身で食べた味ワンマーケットスタッフは皆、「断然、下総醤油の方が旨い!」と驚いていました。ぜひ多くの方に、この違いを体験していただきたいと思います!

下総醤油は、刺身好きな方への贈り物としてもおすすめです!

味ワンマーケット 木桶仕込みの本格醤油
下総醤油

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る