ニンジン 栄養・効能

ニンジン

カロテンの効能に期待

緑黄色野菜のなかで、含まれるカロテンの量がダントツのニンジン
βカロテンは、抗発ガン作用や抗酸化作用を発揮して動脈硬化や心筋梗塞の原因となる活性酸素の働きを防いでくれます。
カロテンは、油との相性がよく、一緒に取るとビタミンAとしての吸収率がより高くなります。
これは、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。
料理やジュースにして、毎日欠かさず取り入れたい食品ですね。

ニンジンの選び方

ニンジンは、全体的に赤みが濃く鮮やかで表皮がなめらかなものを選びましょう。
また、茎の切り口の軸の部分が小さいもののほうが芯まで柔らかくておいしいです。
ニンジンは根菜なので、細かいヒゲ根を持っていますが、このヒゲが多く出ているものは避けましょう。

ニンジンの保存方法

ニンジンは湿気を嫌う野菜なので、水気が付いている場合はしっかりとふき取り、乾燥を防ぐために新聞紙などにくるんで、野菜室に立てて保存しましょう。
切った物は切り口から傷み始めるので、ぴったりとラップで包んで冷蔵庫に入れておき、3日-4日位で使い切るようにしましょう。
冷凍保存する場合は、あらかじめ調理用途別に切ってラップにくるみ、保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る