なめこ 栄養・効能

なめこ

胃腸の働きをととのえる

なめこ独特のぬめり成分のムチンは、腸の働きをととのえ、胃・肝臓の粘膜を保護する効果があります。
気管、胃や腸などの消化管、生殖腺、目などヒトの粘膜の表面を覆う粘液の主成分も「ムチン」です。
ムチンは粘膜をうるおし、粘膜の損傷を防ぐため胃潰瘍や胃炎の予防・改善、鼻の粘膜を丈夫にして風邪などの感染症にかかりにくくすると言われています。
整腸効果もあり、便秘を解消する働きもあります。
脂質と糖質の代謝を向上させる働きもあるので、摂取した糖質を効率良くエネルギーに変換し、ダイエットを促します。
美肌効果や骨粗しょう症予防も期待できるトレハロースやコンドロイチンも豊富なので、女性にとってはありがたい食材ですね。。
なめこ自体はあまり消化が良くないので、消化を助ける大根などといっしょに摂取するとよりいいでしょう。

なめこの選び方

小粒で肉厚で身がかたくしまったものを選びましょう。

なめこの保存方法

なめこはぬめりがある分、他のキノコ類より傷みが速い感じがします。
冷凍も可能ですが、できるだけ早く食べきりましょう。

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る