イワシ(鰯)

鰯

日本で水揚げされるイワシの種類

イワシは、日本各地で漁獲され食用を始め肥料など他の用途でも使用さています。

日本で水揚げされるのは、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシが主な種類となっています。
マイワシは、東アジアに生息しており、時期によって移動する回遊魚です。近年漁獲高が減少の傾向があり一部では高級魚として扱われているのを見かけます。
ウルメイワシは、世界各地の浅瀬に広く分布しています。体長は30cmにもなりマイワシよりも大きくなります。目が大きく潤んでいるように見えることから「ウルメイワシ」と呼ばれるようになったと言われています。漁獲量は、マイワシやカタクチイワシよりも少ないです。
カタクチイワシは、日本海側、太平洋側ともに生息しています。体長は最大でも18cm程度と他のイワシと比べるとやや小ぶりです。口が頭の下部にあり大きく開くことが特徴的。日本でも最も漁獲高の多いイワシです。

因みに日本の主なイワシの水揚げ量が多い漁港です。

  • 銚子漁港
  • 波崎漁港
  • 飯岡漁港
  • 片貝漁港
  • 大津漁港

イワシは、海水魚で沿岸で群れをなし回遊する特徴があります。
水族館でも大型の水槽に一際目を引く魚群として観たことがある方も多いのではないでしょうか。
体長は、10~30cmですが、イワシの稚魚であるシラスは数センチ程度です。

鰯と日本文化と料理

イワシは「鰯」と漢字で書きますが、これは陸に揚げるとすぐに弱ってしまうということから来ている説があります。

文化行事の面からですと、節分には柊の葉と焼いた鰯の頭を玄関に飾ることで鬼を祓うといった風習もみられます。
如何にイワシが人々の生活に身近なものであったのかが窺い知れます。

イワシは漁をしやすい海域に生息していたため、古くから誰しも口にすることができる貴重な蛋白源の一つでした。
そのため、海に近い地域ではその土地独特の郷土料理としてイワシを使っているものが多いです。
千葉県九十九里一帯では、イワシとネギと味噌と酒を合わせて包丁で刻んだ「ナメロウ」が有名です。
その他にも、いわしの天ぷら、イワシのつみれ、イワシの蒲焼き、甘露煮、酢漬け、干物、煮干しなどがあります。

調味料にも用いられ醤油の原料としても使われてきました。

イワシの稚魚は、シラスとして釜揚げされた後に干され、シラス干しとしてご飯のお供としても人気です。

イワシの栄養価

イワシの栄養価については、骨まで食べられることからカルシウム分も多く、またDHA、EPA、ドコサヘキサエン酸といった不飽和脂肪酸を豊富に含む栄養の塊といえる魚です。

更にイワシの脂肪は、血液中のコレステロールを下げる働きをする不飽和脂肪酸のイコサペンタエン酸(IPA)やタウリンなどのアミノ酸を多く含んでいます。

イワシは、栄養価が高く率先して食べたい魚ですが、生ですと非常に傷みやすく調理してもニオイが強いため、子供のみならず大人にも好き嫌いが出やすいです。
その為、臭みを消すためにショウガを使用した調理方法や、水揚げ後に直ぐ調理するといった方法がとられ、様々な食品としても流通しています。

漁獲高日本一の千葉県銚子からイワシを食べない子供でも「美味しい」といって食べるイワシを練り込んだ健康的な麺があります。
魚めん

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る