えのきたけ 栄養・効能

えのきだけ

疲労回復・安眠効果

えのきたけには、ギャバという成分が豊富に含まれており、神経の興奮を鎮め腎臓やかんぞうの働きを活発にする効果があります。
ビタミンB1の含有量は、きのこ類のなかでもトップクラスで、夕食に食べると疲れを取り、安眠をもたらしてくれるので、お疲れの現代人にはうれしい食材です。
また、えのきたけにはエノキタケリノール酸と呼ばれる固有の成分も含まれていて、エノキタケリノール酸を摂取することで、体内のアドレナリンと脂肪酸がくっつき、
皮下や内臓にある脂肪を減らしていく効果があるそうです。
えのきたけは日光に2時間以上当てることで、ビタミンDが2倍以上に生成されます。

えのきたけの選び方

軸はピンとハリがあり、背丈がそろってカサが開いていないものを選びましょう。

えのきたけの保存方法

石突をカットし調理しやすい長さにカットして冷凍します。
使用するときは、解凍せず、そのまま調理しましょう。

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る