よく噛む習慣がつくものを食べるようにする

噛む

健康的に毎日を過ごすための一つの要因として大切なことが、
よく噛む」という習慣をつけることだというのは良く知られています。

しかし、毎日3回の食事とその合間のオヤツなどを食べていても日頃から、
よく噛む習慣が身についていないと中々実践するのは難しいのではないでしょうか?

これは、その人自身の習慣も大きいですが、現代食が余りにも柔らかく口当たりが良いもので溢れているということも重要なポイントです。

いつも食べているのもが「よく噛む必要がない」ということです。
私達は子供の頃から噛まない食生活を送ってきたのです。

噛むことの重要性

噛むということは、一体どのようなメリットが私たちにあるのか。
それを詳しく8020推進財団にて説明されていましたのでご紹介致します。

噛む8大効用

噛むことの効用が標語になっていました。
「ひみこの歯がいーぜ」

「ひ」肥満を防ぐ

よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、私たちは満腹を感じます。 よく噛まずに早く食べると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ります。 よく噛むことこそダイエットの基本です。

「み」味覚の発達

よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。人は濃い味にはすぐに慣れてしまいます。
できるだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう、心がけましょう。

「こ」言葉の発音がしっかり

歯並びがよく、口をはっきり開けて話すと、きれいな発音ができます。
よく噛むことは、口のまわりの筋肉を使いますから、表情がとても豊かになります。

「の」脳の発達

よく噛む運動は脳細胞の動きを活発化します。
あごを開けたり閉じたりすることで、 脳に酸素と栄養を送り、活性化するのです。
子どもの知育を助け、 高齢者は認知症の予防に大いに役立ちます。

「は」歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。
この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、
細菌感染を防いだりして、 虫歯や歯周病を防ぐのです。

「が」ガンを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の発がん作用を消す働きがあるといわれ、それには食物を30秒以上唾液に浸すのが効果的なのだとか。
「ひと口で30回以上噛みましょう」 とよく言いますが、よく噛むことで、がんも防げるのです。

「い」胃腸の働きを促進する

「歯丈夫、胃丈夫、大丈夫」と言われるように、よく噛むと消化酵素がたくさん出ますが、食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。

「ぜ」全身の体力向上と全力投球

「ここ一番」力が必要なとき、ぐっと力を入れて噛みしめたいときに、丈夫な歯がなければ力が出ません。
よく噛んで歯を食いしばることで、力がわき、 日常生活への自信も生まれます。

驚いたことに、こんなにも多くの効用が噛むことにはあるのですね。
これだけの噛む効用があるのなら少し自分の習慣を見直したいと思えてきます。

よく噛むことを実践する方法

さて、そうはいっても実際に食事だけに集中して口を動かせる時というのはそんなに多くはないはず。
誰かと話をしながら食べるとか、何か他の事をしながら食べるとか、テレビを見ながら食べているとか、口を動かすことプラス何か他の事をしている場合が多いのではないでしょうか。
このような環境では、やはり気がついた時には今までの様に大して噛まないで飲み込んでいるはずです。

そういう訳で、よく噛む習慣を身に付ける方法で一番良いのは、よく噛まなければならないものをできるだけ多く食べるようにすることです。

ガムでは、最初噛んでいても気がつくと口の中に入っているだけといった経験のある方も多いのではないでしょうか。
「飲み込む」という行動があるからこそ「噛む」のですから、
最終的に飲み込むものを噛むようにしなければ続きません。

私は、ドライフルーツやドライベジタブルは、小腹がすいた時はオススメと思っています。
乾いているため口の中でよく噛む必要があり、そうすることで唾液もでます。
チョコ等の様な甘いものではなく野菜ですので、ダイエットなどにも向いています。

これに打って付けのドライベジタブルがあります。
味ワンマーケットで販売している、味ワンドライとまとです。
これは、完全無添加なので砂糖も塩も油も一切使用していません。
しかも国産の味が良いミニトマトを100%原料としています。

甘酸っぱさと旨味がギュッと詰まった完全無添加のドライとまと
味ワンドライとまと15g

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る