糖尿病と肥満【予防2】食事・食生活の改善

食生活の改善

みなさんこんにちは!
栄養士の若林です。

前回の「糖尿病と肥満【予防1】BMIとは」に引き続き、今回は「糖尿病と肥満【予防2】食事・食生活の改善」についてお話していきます。

さて、さっそくですが、糖尿病(肥満)を予防するためにはどのような食生活を送ったらよいのでしょうか。
それは・・・
特に変わったことなく、ただただ健康的な食事を心がければ、それで十分!!
実際、病院では糖尿病の患者さんに特別な食事を提供しているのではなく、バランスのよい健康食を提供しています。

では具体的に、どのようなことをしたらよいのか、また、何を食べたらよいのかをお話ししていきます。

糖尿病予防のための食生活(食事)

具体的にどのようなことに気を付けたらよいのか、ご紹介致します!
甘いもの、脂質の多いものは摂りすぎない
これらは肥満になりやすい食品です。食べちゃダメ!というわけではなく、あくまで控えめに。

決まった時間に食事をする
決まった時間に食事をすることで、血糖のコントロールが良くなります。

よく噛んでゆっくり食べる
よく噛むことで、消化酵素が出て食べ物を消化しやすくなります。また、満腹感も得ることができ、一石二鳥です!

物足りないときは低カロリー食品でボリュームアップ
腹八分目に抑えたいけど、食べたい!というときは野菜やきのこ、海藻やこんにゃく等の低カロリー食品を食べると◎

野菜をたくさん食べる
健康を保つためには1日350g以上の野菜を食べると良いといわれています。
その中の120g以上は緑黄色野菜であることが理想的です。

低カロリーな調理法を選ぶ
食材だけでなく、調理法でもカロリーは変わります。
例えば、「炒めた料理」と「蒸した料理」では、油を使わない「蒸した料理」ほうがカロリーが低いです。
炒める、揚げるといった料理ばかりでなく、煮る、蒸すなどの調理法を選択しましょう。

調味料を工夫する
味付けが濃くなりがちな場合、塩分を多く摂取している可能性があります。
レモンやゆず、香辛料などをうまく利用して、塩分の低い食事を心がけましょう。

このように、糖尿病(肥満)を防ぐポイントはたくさんあります。
自分のため、家族のために、上記のポイントを抑えて健康的な食生活を送りましょう!(^○^)

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る