有平糖ってどんなお菓子?

有平糖

有平糖とは

有平糖(ありへいとう、あるへいとう)とは、ポルトガル語のalferoa(アルフェロア:砂糖菓子)が
訛ったものとされ、安土桃山時代に伝えられた南蛮菓子の一つです。
当時は大名への献上品とされ、上流階級に食されていました。
江戸時代に入ると砂糖の生成技術が向上し、流通量が多くなったため
現在のような美しい意匠が施された飴細工となりました。


普通の飴との違い

飴菓子の一つとされる有平糖。でも普通の飴とどう違うのでしょうか?
有平糖も普通の飴も主原料は砂糖と水飴。
両者の大きな違いは、二つの原料の比率になります。
砂糖の割合が多いのが有平糖、水飴の比率が多いのが普通の飴となります。
その性質の違いから加工方法、ひいては味まで違いが現れます。


茶の湯

どういった場面で食べられているの?

見た目の美しさ、繊細な加工が可能なことから
茶道の菓子として用いられることが多いようです。
技術を磨いた職人にしか製造できないため、一時は高価なものとされていましたが、
形を簡易化し味を重視した物も現在では多く見られるようになり、
観光地の土産物や、高級贈答品として愛されています。

華やかな細工が施された有平糖は、製造・運搬が難しいため一般には出回っていませんが、
味重視の有平糖は流通が容易になり、現在では通販でも購入できる状態となっています。
贈答品やプレゼントのお返しにもご利用される方が増えております。

その中でも味ワンマーケットでは、全国菓子大博覧会『金賞』を二度受賞した
有平糖製造本舗「利喜」の製造した商品をオススメしております。

戦国大名も愛した飴菓子、一度味わってみてはいかがでしょうか?

味ワンマーケット 有平糖
有平糖 販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る