亜鉛(Zn)

亜鉛(Zn)

ミネラルの一種、亜鉛(Zincum)。
体内に約2g存在しています。主に骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、肝臓などに分布し、ほとんどがタンパク質などの高分子と結合しています。
腸で吸収されますが、吸収率は30%程度とされています。

亜鉛は味覚に関わる舌の味蕾(みらい)の新陳代謝に関与しています。よって、亜鉛の不足によって味が正常に感じられなくなります。
味覚障害の他、亜鉛の不足により成長障害、免疫力の低下、生殖機能の低下が挙げられます。
亜鉛の排泄は、未吸収のものや腸管粘膜の脱落、膵液の分泌などに伴う体内亜鉛の糞便中への排泄によって主に行われます。
尿中への亜鉛の排泄量は少なく、摂取量にかかわらずほぼ一定です。
加工食品に頼った食事やダイエットで食事量を減らすと亜鉛が不足しやすくなります。

亜鉛の多い食品

肉類

豚レバー 6.9mg/100g
牛肩ロース赤身肉 5.7mg/100g
牛もも赤身肉 5.1mg/100g

魚介類

カキ 13.2mg/100g
タラバガニ(ゆで) 4.2mg/100g
アサリ水煮缶 3.4mg/100g

大豆類

油あげ 2.4mg/10g
納豆 1.9mg/10g

亜鉛の一日摂取基準

男性 女性
年齢等 目安量(mg) 目安量(mg)
0~5(ヶ月) 2 2
6~11(ヶ月) 3 3
1~2(歳) 5 5
3~5(歳) 6 6
6~7(歳) 7 7
8~9(歳) 8 8
10~11(歳) 10 10
12~14(歳) 11 9
15~17(歳) 13 9
18~29(歳) 12 9
30~49(歳) 12 9
50~69(歳) 12 9
70以上(歳) 11 9

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る