ビタミンA

ビタミンA

脂溶性ビタミンの一種、ビタミンA(Vitamin A)。
ビタミンAは、皮膚や目などの健康を守り、感染症を予防する働きをします。

ビタミンAと目の関係

みなさんは、突然暗い所に入った時、目が見えなくて困った経験はありませんか?
そのうち、暗さに慣れて見えるようになりますが、これは「暗順応」という体の機能で、ビタミンAが関係しています。
ビタミンAが欠乏すると夜盲症(暗い場所での視力が著しく低下する病気)になってしまう他、
ドライアイや視力低下との関係も注目されています。

皮膚や粘膜の形成にも…

ビタミンAは皮膚や粘膜の形成に欠かせないビタミンです。
粘膜というのは、目や口の中、のど、消化管など、全身を外界のウイルスや細菌から守っています。
そのため、風邪に負けない体をつくるには、ビタミンAが欠かせないのです。
また、ビタミンAが不足すると、肌の代謝が悪くなって、カサカサになってしまうこともあります。
さらに、ビタミンAには抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにも◎
脂溶性ビタミンなので、油を使った調理をすれば、吸収率がアップします。

ビタミンAの多い食品(数値はレチノール当量)

肉類

鶏レバー 14000㎍/100g

魚・魚加工品

ウナギの蒲焼き 1500㎍/100g
ギンダラ 1100㎍/100g

卵黄 480㎍/100g
ウズラ卵 350㎍/100g

野菜類

モロヘイヤ 840㎍/100g
にんじん 760㎍/100g

果物類

あんず 120㎍/100g
温州みかん 92㎍/100g

ビタミンAの一日摂取基準

男性 女性
年齢等 推奨量(㎍RE) 推奨量(㎍RE)
0~5(ヶ月) 300※ 300※
6~11(ヶ月) 400※ 400※
1~2(歳) 400 350
3~5(歳) 500 400
6~7(歳) 450 400
8~9(歳) 500 500
10~11(歳) 600 600
12~14(歳) 800 700
15~17(歳) 900 650
18~29(歳) 850 650
30~49(歳) 900 700
50~69(歳) 850 700
70以上(歳) 800 650
※は目安量です。妊婦末期は+80、授乳婦は+450です。

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る