ナトリウム(Na)

ナトリウム(Na)

ミネラルの一種、ナトリウム(Natrium)。
主に体内の細胞外液に陽イオンとして存在しています。一日の必要量は食塩にすると2g程度になります。
日本人は塩分のとりすぎが指摘されており、毎日の減塩対策が必要とされています。

摂取されたナトリウムは小腸で吸収され、損失は皮膚、糞、尿を通して起こり、その内ナトリウム損失の90%以上は、腎臓経由となります。

ナトリウムの生活習慣病との関連

高血圧、がん、その他の疾患において研究が進められています。
高血圧においては、ナトリウムの排泄量と加齢に伴う血圧上昇との間に関係性が認められています。
がんにおいては、塩漬けの食品、食塩は胃がんのリスクを増加させる可能性が高いとされています。よって減塩は胃がんの一次予防に寄与すると考えられています。
その他の疾患においては、食塩の摂取量が脳卒中患者率及び死亡率と関係性があることが示されています。よって減塩は脳卒中の一次予防に寄与すると考えられています。

カリウムを摂取する

減塩を目指すうえで効果的なのが、カリウムを摂取することです。
カリウムには余分なナトリウムを体外への排泄を促す作用があります。
カリウムを多く含むのは野菜、いも、だいず、果物です。
カリウムについて詳しく知りたい

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る