モリブデン(Mo)

モリブデン(Mo)

ミネラルの一種、モリブデン(Molybdenum)。

モリブデンは、体内の酵素の働きを助ける成分となり、尿酸の生成に関わります。
人体にとっては必須ミネラルとされていますが、体の中でどのように働いているのか、解明されていない部分もあります。

尿酸とは、体内での代謝の最終老廃物で、尿とともに排泄されるものです。
そのため、モリブデンを摂りすぎると、尿酸がたくさん生成されてしまうため、痛風のような症状が現れることもあります。
モリブデンは、大豆やレバーなどの肉類に豊富に含まれています。穀類や野菜などにも、幅広い食品に含まれるため、普通の食事をしていれば摂りすぎや不足になることはありません。

モリブデンの多い食品

豆・大豆製品 大豆、納豆、きな粉、緑豆など
穀類 玄米、そばなど
肉加工品 レバー、ハム、ソーセージなど
そのほか 青のり、そら豆、枝豆など

モリブデンの一日摂取基準

<tr
※授乳婦は+3。

男性 女性
年齢等 推奨量(㎍) 推奨量(㎍)
0~5(ヶ月)
6~11(ヶ月)
1~2(歳)
3~5(歳)
6~7(歳)
8~9(歳)
10~11(歳)
12~14(歳)
15~17(歳)
18~29(歳) 25 20
30~49(歳) 30 25
50~69(歳) 25 25
70以上(歳) 25 20

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る