マグネシウム(Mg)

マグネシウム(Mg)

ミネラルの一種、マグネシウム(Magnesium)。
人体にあるマグネシウムの半分以上は骨に存在しています。
カルシウムと同様に血液中のマグネシウムが減少すると骨から取り出されます。
魚介類に多いため、魚を主菜にするとマグネシウムが豊富な献立になります。

食事からの摂取で過剰症を引き起こすことはないが、サプリメント等からの過剰摂取により、下痢を起こすことがあります。

マグネシウムの多い食品

穀類

玄米 110mg/100g
そば(乾麺) 100mg/100g

魚介類

マイワシ丸干し 100mg/100g
アサリ 100mg/100g

海藻類

乾燥わかめ 110mg/10g
刻みこんぶ 72mg/10g

マグネシウムの一日摂取基準

男性 女性
年齢等 目安量(mg) 目安量(mg)
0~5(ヶ月) 20 20
6~11(ヶ月) 60 60
1~2(歳) 70 70
3~5(歳) 100 100
6~7(歳) 600 550
8~9(歳) 170 160
10~11(歳) 210 210
12~14(歳) 290 280
15~17(歳) 350 300
18~29(歳) 340 270
30~49(歳) 370 290
50~69(歳) 350 290
70以上(歳) 320 260

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る