銅(Cu)

銅(Cu)

ミネラルの一種、銅(copper)。
成人の生体内に約80mg存在するといわれています。
そのうちの約50%が筋肉や骨、約10%が肝臓中に分布しています。

銅は鉄の働きをサポートしています。
腸で吸収された銅のほとんどは、たんぱく質と結合して生体内に存在しています。
銅が不足することによって、鉄欠乏になってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

また、銅には抗酸化作用もあり、老化をもたらす活性酸素の生成を抑制してくれます。

銅の多い食品

肉類

牛レバー 5.30mg/100g
豚タン 0.20mg/100g
牛ヒレ肉 0.11mg/100g

魚介類

かき(養殖)・生 0.53mg/100g
あんこう・きも 0.30mg/100g

銅の一日摂取基準

男性 女性
年齢等 推奨量(mg) 推奨量(mg)
0~5(ヶ月)
6~11(ヶ月)
1~2(歳) 0.3 0.3
3~5(歳) 0.4 0.4
6~7(歳) 0.5 0.5
8~9(歳) 0.6 0.5
10~11(歳) 0.7 0.7
12~14(歳) 0.8 0.8
15~17(歳) 1.0 0.8
18~29(歳) 0.9 0.8
30~49(歳) 1.0 0.8
50~69(歳) 0.9 0.8
70以上(歳) 0.9 0.7
妊婦(付加量) +0.1
授乳婦(付加量) +0.5

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る