クロム(Cr)

クロム(Cr)

ミネラルの一種、クロム(chromium)。
生体内にはごくわずかにしか存在していません。
ですが、重要な働きをしてくれる必須のミネラルです。
吸収率が非常に低く、摂取してもほとんどが尿中に排出させてしまいます。
食事から吸収されるのは1%程度とされています。

クロムは糖代謝との関係が報告されています。
不足すると、糖代謝異常(糖尿病)が起こりやすくなります。

クロムは微量ながらも様々な食品に含まれています。
なので、通常の食事をしていれば不足する心配はありません。
過剰に摂取してしまったとしても、吸収率が低いため、身体に悪影響を及ぼすことはありません。

クロムの一日摂取基準

男性 女性
年齢等 目安量(μg) 目安量(μg)
0~5(ヶ月) 0.8 0.8
6~11(ヶ月) 1.0 1.0
1~2(歳)
3~5(歳)
6~7(歳)
8~9(歳)
10~11(歳)
12~14(歳)
15~17(歳)
18~29(歳) 10 10
30~49(歳) 10 10
50~69(歳) 10 10
70以上(歳) 10 10

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る