日本人の味方!植物性乳酸菌

乳酸菌食品

乳酸菌といえば、“便秘の予防、改善”として知られていますが、乳酸菌は、栄養成分ではなく、自然界に存在する細菌の一種です。
昔から発酵食品づくりに利用されてきました。

“乳酸菌といえばヨーグルト” というイメージが強いかと思います。
ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は、動物由来(乳)の乳酸菌です。

一方で、近年注目を浴びているのが“植物由来(植物性)の乳酸菌”です。
日本のぬか漬けや韓国のキムチのように発酵して酸味が出た漬物に自然に含まれています。

それでは、“動物性乳酸菌”と“植物性乳酸菌”それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

動物性乳酸菌

含まれる食材:ヨーグルト、チーズ
特徴:動物の乳に含まれる乳糖をエサにして育ちます。

動物性乳酸菌は、他の菌と共存できず、栄養が豊富なところでしか生きていけないため、“か弱い”イメージですが、胃酸などの消化液の影響により死滅したものは、既に住み着いている善玉菌のエサとなるため腸内環境をよくするのに役立ちます。

動物性乳酸菌は、乳製品に含まれているため乳酸菌を補給すると同時にカルシウムも摂れるというメリットもあります。

植物性乳酸菌

含まれる食材:ぬか漬け等の漬物、味噌、納豆
特徴:植物に含まれるブドウ糖・果糖・ショ糖などをエサにして育ちます。

植物性乳酸菌のすみかである植物性の野菜や豆類には、動物の乳と違い、栄養素が少ない環境です。
特に漬物などでは塩分の高い環境で育つため、生命力の高い乳酸菌に育ちます。

私たちが口から摂取した乳酸菌のほとんどが、胃酸などの消化液によって死滅してしまいますが、植物性乳酸菌は、生きて腸までたどり着く確率が高いと言われています。
植物性乳酸菌は、上記の通り野菜や豆類、納豆など、食物繊維やオリゴ糖も同時に摂ることができ、さらに腸内環境の改善に役立つメリットもあります。

また、古くから漬物や納豆を食べる習慣があった日本人にとって、植物性乳酸菌のほうが相性が良いと言われています。

腸内の環境を整えることは、肌を美しく保つこと・免疫力を高めることに繋がります。
毎日に発酵食品を取り入れることは、健康できれいになるための近道です!(*^_^*)

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る