内臓脂肪について知ろう

内臓脂肪

お腹のたるみは、皮下脂肪。更にその奥にあるのが内臓脂肪。
ウエストが太くなって、更に体重が増えてきたなという時は、この内臓脂肪にも気をつけなければなりません。

体に脂肪がつきBMIで25の数値を超えると「肥満」ということになります。
この肥満は主に「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」に分けられます。
内臓脂肪型肥満は、脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病とも関わってくるもので、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性も高めてしまいます。

こんな厄介な内臓脂肪ですが、つきやすい分、減らしやすいといわれています。
皮下脂肪は、脂肪を「備蓄」するのに対し、内臓脂肪は生理活性物質などの分泌機能が高く、形成されやすく分解されやすいという特徴があるためです。
よって当然の方法ですが食事内容を改善することと、適度な運動をすることが効果的です。

内臓脂肪を減らすことを意識した食事内容

主食
食物繊維を一度に多くとれる玄米
主菜
脂肪分が低い白身魚
副菜
ダイエット時の食材に最適なきのこ類
その他
飲みものは水やお茶
デザートは果物

只今、毎日の食生活に役立つ情報をメルマガ配信しております!
是非登録して健康生活を実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

食生活 注目記事

黒ごま

ごまの効能、黒ごまの栄養

「胡麻(ごま)」は、古くから世界中で栽培され、栄養価が高く、多様な効能があり健康に良いとされてきました。 特に血管を若く保ち老化を防ぐとい…

栄養士おすすめレシピ

ページ上部へ戻る